冬の植物の育て方|冬に育てるならどんな植物がいい?寒さにも負けない花の種類と育て方
winter plantae

冬の植物を育てるときのポイントをチェックしよう

せっかくのお花を枯らさないために

冬の植物は耐寒性が強いと言っても、しっかりお手入れをしなければ元気を失い、枯れてしまいます。せっかく植えた植物を枯らさないためにも、育て方のポイントを知っておくといいでしょう。植物にとって最適な環境を整えてあげることが大事です。

冬の植物の育て方

お花

パンジー・ビオラの育て方

パンジーやビオラを育てるときは、日当りのいい場所に置くようにしましょう。また、長期的に花を咲かせたいなら、水やりはあまりしすぎないようにすることがポイントです。水やりと一緒に肥料も定期的に与えるようにすると、長い期間綺麗な花を咲かせてくれます。

プリムラの育て方

プリムラは、日に当たらないと蕾をつけないので、日当りのいい場所で育てるようにしましょう。また、葉っぱなどに水がついたままだと腐りやすくなるので、水はけしやすい環境を整えておくのもポイントです。水をやりすぎると根腐れしてしまうので、土がしっかり乾いてから水やりをするといいです。

アネモネの育て方

アネモネは、気温をうまく調節することで、綺麗な花を咲かせることができます。気温が5〜10℃になると成長速度が早くなり、10〜15℃になるとゆっくりになるので、花が咲くまでは気温の低い場所で育て、花が咲いたら少し気温の高いところで育てるという風にするといいでしょう。

日当りに要注意

冬は気温が低く、夏に比べたら日当りもあまり良くないことが多いです。しかし、日の光をきちんと浴びないと、植物は元気に成長することができないでしょう。そのため、窓際や外など、日光が当たりやすい場所に置いておくことが大事です。また、自宅にサンルームを設置すると、太陽の光が入り込みやすくなるのでおすすめです。

水やりはしすぎないことがポイント

冬は気温が低いため、水を吸い上げるまでの時間が長いです。そのため、土が長時間湿っていることが多く、渇きが遅いでしょう。頻繁に水やりをしてしまうと根腐れして枯れてしまうことが多いので、冬に水やりをするときは土が乾くのを待ってから与えるようにするのがコツです。