知っておきたいトラブル対策|冬に育てるならどんな植物がいい?寒さにも負けない花の種類と育て方
winter plantae

冬に起こるトラブルから植物を守るためには?

植物を元気に成長させるために

私達が寒さで風邪を引きやすくなるのと同じように、冬の寒さは植物にも様々な影響を与えます。植物を冬の寒さから守るためには、適切な対処を行なうことが大切です。適切な対処の仕方と注意すべきポイントを知って、植物を元気に成長させましょう。

植物に元気を与えるアイテムTOP3

no.1

殺虫成分入り肥料原液

肥料やりと害虫駆除が同時にできる画期的なアイテムです。原液を水で薄めて植物に与えることで、綺麗な花を咲かせることができます。肥料には15種類の栄養素が含まれており、花の色合いや葉色、花つきなどを良くさせてくれます。

no.2

植え替え時に最適な肥料

植物の植え付けや植え替え時に、撒くと便利な肥料です。様々な種類の植物に利用することができ、土に混ぜ込むだけなのでとても簡単に使えます。一度与えると、約1年間効果が持続するので、元気な植物を長く保つことができます。

no.3

豊富な栄養素を配合した活力液

コリンやフルボ酸、アミノ酸などのミネラル成分を含んだ活力液です。これらのミネラル成分が配合されているおかげで、植物が成長するために必要な栄養を吸収しやすくしてくれています。弱った植物に与えることで元気を取り戻し、活き活きとした花を咲かせることができるでしょう。

知っておきたいトラブル対策

植物

冬は凍傷を起こしやすい

冬は、地域にはよっては気温がマイナス以下の非常に寒いところもあります。そのような場所で植物を育てると凍傷を起こし、葉っぱや花が枯れてしまうケースが多いのです。耐寒性が高い植物でも厳しい寒さによって凍傷にかかる可能性があるので、特に気温の低い夜などは室内で管理するなどして対策を取るようにしましょう。

霜焼けにも注意

冬になって突然寒くなると、霜の影響で葉っぱが変色したり萎えたりすることが多いです。一度霜焼けしてしまった植物は、春になるまで元に戻ることはありません。そんな状態で水を与えると逆に良くないので、むやみに水やりはしないようにしましょう。枯れてしまった葉はカットして、綺麗に整えておくといいです。

害虫駆除もしっかり行なおう

冬は夏に比べて虫は発生しにくいですが、少し暖かくなると出てくることもあります。そのため、害虫対策もきちんと行なっておくことが大切です。市販で害虫対策用のグッズがたくさん販売されていますので、それを購入して害虫から植物を守りましょう。

温度管理をきちんとする

植物が元気に成長するには、温度管理がとても大切になります。秋から冬にかけては特に気温の変化が激しく、急に寒くなったり暑くなったりと安定しないこともあるでしょう。植物の種類によって最適な環境は違いますが、寒いときは室内に置いて暑いときは外に出すという風にうまく温度管理をしてあげるといいです。